闇金は完済した後も個人情報の転売などの問題が頻繁に起こり得る

銀行や消費者金融では、借り入れ審査によって申請者がある一定の経済力や返済能力を有していると判断されなければ、融資が可能となることはありません。そ の意味でも収入や職業、過去の返済におけるブラック情報、現在の借り入れ総額などを理由に業者側が申請を却下することも少なくないもの。一方でそんな時で も闇金業者だけは利用者の利便性に沿って多くの場合において融資を可能としてくれます。

しかしながら闇期はその分、法律で定められた限度以上の利息を徴収することでも知られ、利用者もそれを承知でこの違法な借り入れを活用することとなります。返済は通常の銀行や消費者金融の借り入れに比べてかなり負担が大きく、完済するまでには多くの困難を抱えることが予測されます。その途中で返済能力が枯渇して支払えなくなる場合もあるでしょう。

また晴れて全額を完済した後も注意が必要です。取得した住所や氏名といった個人情報を使って業者側が幾度も営業の電話をかけてきたり、あるいはその情報を同業者などの転売してしまう事態も起こり得ます。自分が知らないうちに住所や氏名が犯罪行為や違法性の高い事件に使われていたりする場合もあるので、その危険性を避ける意味でも闇金は出来るだけ使わずに独力で解決するのが良いでしょう。

闇金は手渡しで融資を受けられる?

最近の闇金は手渡しによる融資は行っておらず、ほとんどは口座振り込みとなっています。
手渡しをするには借り手と面会する必要があり、逮捕される可能性が高くなるからです。
お金を借りるフリをして警察に通報されるリスクを考慮するからです。
闇金が取り立てするとき電話で恫喝するのも同じ理由からです。
取り立ての方法としては自宅に訪問するのが一番効果的ですが、警察に逮捕されるリスクが高いのです。
最近の借り手は知識を持っている方が多く、普通に借りるフリをしながら警察に通報する方も少なくありません。

最近の闇金の貸し方は薄利多売となっています。
5万円程度という少額を大勢に貸し付けて、利息を回収するタイプです。
100万円などと高額を貸し付けて回収できないと困るため、融資額は10万円以内が一般的となっています。
最初は1~2万円しか融資してくれないケースもあります。
融資額は少ないですが、利息が法外なのでいくら返済しても完済できないのが特徴です。