お疲れ様です。こちらポータルサイト「livedoor」を取りまとめております出澤のブログでございますが、本人の執筆ペースが芳しくないため、社員スエヒロが代打で「会社」や「サラリーマン」「仕事」について書かせて頂きたいと思います。宜しくお願いします。

始末書

なんとも嫌な響きですよね。サラリーマンにとっての不幸の手紙ともいえる始末書。他の人が出している始末書を見かけたりすると、なんとも鈍く気が滅入ったりしますよね。思いを馳せてしまうといいますか。スラックスのポッケに手を突っ込み、オフィスの外の空を見上げれば、浜省の「悲しみは雪のように」が頭の中を流れることもしばしば。ウォウウォウォオー。悲しいですよね。

そんな悲しい悲しい始末書をもう少しだけ楽しい感じにしたい。どうせ謝るなら楽しいほうがいいですし。暴論ですが。例えばマンガはどうでしょうか。「報告・連絡・相談」って「努力・友情・勝利」となんとなく似てる気もしますしね。マンガの持つパワーで始末書の悲しさ加減を吹き飛ばせないものでしょうか。

例えばこんな感じ。
shimatsusyo


始末書に対する始末書を書かされる、というエンドレスな結末が待っていそうですね。


NHN Japan 株式会社では始末書以外の書類もきちんと書けるスタッフを募集しております。
NHN Japan Corporation | 採用情報

以上、宜しくお願い致します。